塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > 三重の高校入試 > 公立高校と私立高校の違い

三重の高校入試

公立高校と私立高校の違い

高校に進学する場合、必ず私立か公立のどちらかを選ばなければいけません。
では、私立と公立、違いは一体何なのでしょうか?


公立と私立の違い1・・・学費

一番の違いは、ズバリ「学費」です。私立の場合、公立に比べてかなり学費が高くなります。 例えば、M高校の場合・・・

受験料12000円
入学時に学校に払う費用245000円
学費等毎月払う費用31500円
その他1年ごとに払う費用16100円

※私立にも修学支援金制度があり、家庭の収入よって学費が安くなる場合があります。

また、これら以外にも制服や交通費、昼食費、部活動の遠征等にも費用がかかるので、高校3年間トータルで考えると200万~300万近く金額がかかります。
それに対して、公立の場合は授業料が無料になっているためにかかる金額は私立の半分以下におさえることができます。

公立と私立の違い2・・・人気

もともとの公立人気の高さに、学費無料化が重なり、今年も公立人気が高くなることが予想されます。

公立と私立の違い3・・・学習面

名門私立の場合、厳しい教員採用試験に合格した有能な教師陣がサポートしてくれるので、とても質の高い指導を行っています。
ただ進学率や進学実績を見てみると「私立の方が優れている」というわけでもありません。
したがって、勉強面に関しては「私・公」に分けて考えるよりも、学校別に考える必要があります。

公立と私立の違い4・・・学校生活

生徒達が一番感じている公立と私立の違いはこの学校生活ではないでしょうか?
近年、公立高校でも冷房を導入している学校が増えてきていますが、私立高校に関しては、冷暖房は完全完備といってもいいでしょう。
また「私立は学校の施設がきれい」といった特徴もあります。図書館が大きい、学食がある、購買が充実している…等も生徒たちには喜ばれているようです。

公立と私立の違い5・・・入試

私立と公立とでは、入試日程や受験方法に大きな違いがあります。
公立の入試情報私立の入試情報、それぞれの特徴を理解しておくことが合格への近道になります。


三重の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

※今なら特別に、無料体験を申し込んでいただいたご家庭に限り、『三重県高校受験情報小冊子』を無料で進呈させていただいています。興味のある方は0120-719-817(pm2:00~10:00)まで、お早めにご連絡いただけたらと思います。

ページトップ