塾、家庭教師の正しい選び方今のお子さんのレベルにピッタリの勉強方法とは?

TOP > 三重の高校入試 > 公立高校

公立高校

三重県の公立高校入試情報

前期選抜と後期選抜のどちらか、あるいは両方を受験して高校に行くことになります。

前期選抜

学校が事前に発表している「学校の特色」「選抜において重視する要件」に基づき、 学校独自の選抜を実施します。

選抜資料:
1 自己推薦書
2 調査書
  ※出身中学校長の推薦書も必要とする高校があります

検査:
以下の検査から、各高校が自校の特色に合わせて、指定した検査を実施します。
   ・面接or 自己表現
   ・作文or 小論文
   ・実技検査
   ・学力検査(2教科以内で実施、もしくは5科の基礎総合問題を実施します)

募集枠:
原則として、普通科は定員の30%程度
専門学科・総合学科は定員の50%程度


後期選抜

前期選抜で合格した人は受験することができません。
後期選抜はいわゆる一般入試にあたります。

選抜資料:
調査書(内申書のことです)

検査:
英数国理社の5教科学力試験に加えて、以下の検査を実施する高校もあります。
   ・面接or自己表現
   ・作文or 小論文
   ・実技検査

選抜方法の詳細

1.
調査書の成績上位順に、定員の100%~120%に含まれるものを選び、その中で学力検査上位者を定員の80%選び、合格とする。

2.
1で成績上位に入ったのもの中から、学力検査をもとに残り定員の半分(10%)を選んで合格とする。

3.
各高校が定める「特に重視する選抜資料」を元に、残り定員(10%)の合格者を決定する。

※「特に重視する選抜資料」は学校ごとにかなり違います。成績や学力検査重視の高校もあれば、面接や出欠の記録、部活動等を重視する所もあります。

例 ・四日市中央工業の「特に重視する選抜資料」
[最終段階では、面接における目的意識、意欲、適正等の評価結果を重視して選抜する]


H23年度 三重県公立入試の日程
1/26~31  前期選抜願書提出
2/7・8  前期選抜試験
2/14  前期選抜合格内定通知

2/22~24  後期選抜願書提出
3/10  後期選抜
3/17  後期選抜合格内定通知

三重県の公立高校の種類

三重県の公立高校の種類の続きを読む


三重の家庭教師デスクスタイル電話によるお問い合わせは 0120-719-817 pm2:00-10:00(土日祝日OK)

ページトップ